脳卒中患者の闘病日記 

2017年2月に脳出血により左半身マヒになる。
飽きぽい性格ですが、時間はたっぷりあるので
闘病日記をつけたいと思います。
少しでも役に立てば幸いです。

脳卒中発症から10ヶ月 出来ること出来ないこと

昨日書いたのですが、少し留守にした間に
消えてしまいました。
がっかり、内容に問題があったので
神様に書き直すように言われた気分で
少し変えてみますね。



去年の2月右視床下部から出血して、大和市立病院の集中治療室に
入院しました。初めはどこにいるのか聞かれても、いつか聞かれても
わからないくらいの状態で、10日くらいで、一般病棟に移っても
50音もまともに言えませんでした。
一般病棟に移って、リハビリも開始です。
左半身マヒで、やっと立てるくらいです。
歩くことも出来ません。
左手は、マヒにしびれもあり、指先の感覚もありません。
しびれは、足の付け根から頭部まで
口は、麻酔の注射を24時間している感覚です。
目は、複視で物がずれて見えます。
目の筋肉の一部がマヒしているためです。


1ヶ月ほどここのリハビリで、伝え歩き
言葉や字のリハビリでやっと人並みみたいになりました。
会社の人は、まだまだと言ってましたけど


このころに回復期病棟のある伊勢原協同病院に
転院しました。
この病院は、妻がなくなる前に1か月ほど入院して
いた病院で、この病院しかこの時期空いていませんでした。
そんな縁もあり、転院しました。
若いリハビリの作業療法士の皆さんに鍛えられ
4月には杖を突きながら歩けるようになりました。
このころ何も知らない自分は、8月くらいには
普通に歩けて、会社に復帰できると
思っていました。
しかし、肩の痛みがひどくなり
身体を上向きにして寝ることも出来なくなりました。
左手をだらんとしておくと肩が痛くて
手を前にするか、体を横向きに
して寝るしかないのです。


10ヶ月経った今は、普通に寝ることができます。
肩の痛みが、少なくなりました。
とうめい厚木クリニックのペイクリニックでの
肩の注射と訪問リハの指導により
痛みも3割程度となりました。


この肩の回復が、僕に勇気をくれました。
治らないと半年以上苦しんだ痛みが減り
肩の稼働範囲も普通近くまで治り
運転中は、ハザードも操作でき
ナビの切り替えくらいは出来る。
後ろの荷物も取れます。
それがこの1ヶ月で起こったことです。


人生タラればは意味のないことですが
ペイクリニックの鈴木先生と
訪問リハの東先生
またその方を紹介してくれた友人の山口君
そういった支援の輪が、肩の痛みと回復により
強い希望となりました。
同じ苦しみの人は、ぜひ連絡ください。
詳細を報告いたします。


まだ複視でよく見えないことや普通に歩くことはできません。
左手の感触もありません。
でも、回復した実績があれば希望が湧きます。
明日から、復職ですが
リハビリも併せて頑張ります。










×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。