脳卒中患者の闘病日記 

2017年2月に脳出血により左半身マヒになる。
飽きぽい性格ですが、時間はたっぷりあるので
闘病日記をつけたいと思います。
少しでも役に立てば幸いです。

肩の病気が分かった

ペイクリニックの先生からの
紹介で、整形外科の肩の先生に
肩を診てもらいました。
昨年の夏から痛くなった
肩の病名は、凍結肩です。
俗に言う50肩
まさに50代なのでドンピタですね。
しかし、手術しないと治りません。
軽ければ専門のリハビリで
治すことも可能ですが
来月全身麻酔で、びきと凍結している肩を
引きはがします。
それでもだめなら、切開手術になります。
なんにしても、治るのはうれしいのですが
伊勢原協同病院に入院中に2割くらいの
患者が、同じ痛みを訴えても
何一つ対応できなかったことに
怒りを通り越して、悲しくなります。
確かに、肩が痛くて死ぬことはないが
痛み止めのテープや軟膏で
対処する病院・医者の不誠実さに悲しくなります。
このブログにも同じように
脳卒中になって肩の痛みが治いとコメントを
多くもらいます。
私のように、運転出来て一人で病院に行ける人はいいが
行けなかったり、同じように不誠実な医師に
当たった人はいつまでも治りません。


でもよかった。あとは複視と歩行と指先の感覚
左半身のしびれはだめかもしれません。
あきらめたら終わりですよね。


凍結肩

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。