脳卒中患者の闘病日記 

2017年2月に脳出血により左半身マヒになる。
飽きぽい性格ですが、時間はたっぷりあるので
闘病日記をつけたいと思います。
少しでも役に立てば幸いです。

発病以来久しぶりの浜松

仕事で浜松まで
今日は、新人君の運転です。
新人の紹介をダシに
懐かしいみんなの顔を見に行きました。
全員には、逢えませんでしたが
生存報告です。
次は、一人前に歩ける報告に行きますね。


帰りに、いつもの持ち帰り餃子
夕食に食べました。
懐かしい味に、健康だった頃を
思い出します。
次はビールで、食べたいね。






ボランティアも出来なくなった。

神奈川県厚木市の
大規模災害サポート隊と言って
消防団OBで、市内の大規模災害
震度5以上の地震や台風などの
風水害が発生した時、消防署と消防団との
連絡や援助・後方支援をするために
10年前から組織されたが、
発病から1年以上たって、まだまだ
完治する見込みも立たないため
脱退することにしました。
消防署に、車以外で集合出来ないし
万が一、自宅近くの火災に際しても
この体で、お手伝いすることはないでしょう。
お世話になった消防署のみなさん
さようなら



コンタクトレンズ

退院して
早々は、コンタクトも入れてみましたが
複視でよく見えない。
でも、眼鏡は鼻のわきが痛くなるし
汚れるので、こまめに拭かないといけないし
食べ物の種類によっては、曇るので
外して食べる。
外すと、食べ物が良く見えて
食べるのが楽しくなります。
本もスマホも裸眼だと
良く見えます。


コンタクトレンズ入れてると
スマホや本は、老眼鏡を掛けないと
見えない。


どっちがいいのかな
目の健康を考えると
眼鏡なんだけど、まして
左手は動きますが
感触はないので、コンタクトを入れるのは
大変です。外すのはもっと大変。
やっぱり、眼鏡ですよね。
でもうざい。
コンタクト30年近く使っているので
眼鏡に慣れるのに時間がかかるか?



脳卒中の後遺症で歩て痛くなると「限界」と思っても


仕事で、お客さんの工場にいる時
杖を突かないでいきます。
もちろん、杖を使わないでとは言われてないし
突いてもいいと思うが
そこまでして、無理して来ないで
と言う顔されそうで
杖を使わないで、歩いていると
少しの距離はいいが
数十m歩いていると
足首の関節が痛くなる。
痛くて立ち止まっているわけにもいかず
何とか、携帯確認しているふりして
こらえていると
「限界」は自分の心が作る。を思い出す。


昨日より今日、今日より明日
少しでも頑張れば、限界も伸びる。
Sandyさんの言葉が
今年の僕の合言葉になりそうです。






薬の塩梅

天気も悪いし
一概に、薬の効果のせいばかりではないが
うまく効かない。
リリカまったく飲んでないので
左半身のホホ
手首
足首
指先も痛い。
その割に
筋緊張は
あまり変化ない。
明日も天気悪いようだし
あまり痛くて
仕事に差し障りあるといけないので
リリカは
また飲みます。


せっかく
雨も午前中は
持ってくれたのにね。
痛いのと
少し降ってきたので
半分くらいで
戻りました。


午後から
家にいたので読書
子供は、ゲームに、ビデオ
ゲームはマインクラフトオンリー
たまには、まったり。