脳卒中患者の闘病日記 

2017年2月に脳出血により左半身マヒになる。
飽きぽい性格ですが、時間はたっぷりあるので
闘病日記をつけたいと思います。
少しでも役に立てば幸いです。

脳卒中患者の不思議な涙

最近いくら寝ても寝足りない。
9時過ぎには布団に入り30分もたたないうちに
夢の中。
4時30分に起きるので7時間以上寝てるのに
眠い。仕事中は、眠くならないから
睡眠時無呼吸症候群ではなさそうだ。
いびきも痩せてからかかなくなった。
休みの日には、10時間も寝れるので
もっと早く寝ないとだめなのかもしれない。


前は、日に何度かマヒ側の目から
軽い痛みとともに、涙が止まらなく出てきた。
亡くなった妻を思い出して泣いてるわけでもなく
それでも、夕方風呂に入るころによく涙が出てきたが
この病気の先輩のニゼックさんのお話のように
そのうち治りますよと話されていたが
まさに最近、まったくでなくなった。
映画館や車の中で、公演中、講義中など
いきなり泣いている親父は不気味だと思うが
治りました。
何だったのか、眼科の先生もわからないと話していた。



寒い日は、お風呂が一番

脳卒中になって
冬の楽しみは、熱い風呂に入ること。
風呂の中は、マヒも関係ないもんね。
今もみんなといった温泉思い出します。
箱根の温泉、車で行けば30分くらいなので
いつでも行けそうで、いけない。
混んでいるから、マヒしている体で行くのは
なんとなく気が引ける。
年末は空くかもしれないから行ってみようかな?


去年は、熱い風呂に入ると手のひらがしびれて
痛くていられなかったが、今年はだいぶ楽になりました。
だんだんと治っていくのかな?


複視の順応力

日本のapple watchは、心電図は
表示されないみたいです。
医療品の型式認定が取れないと
おもちゃ扱いになるからなのかな。
でも、apple watchつけてから無理にスマホを
持ち歩かなくても、電話、メール、ライン、メッセージの
やり取りができるので便利です。
最近の家電で中で一番のお気に入り。
腕が細いので、小さいサイズでもよかったかも。
これで地図はあまり見ませんから。


今日からつかい始めた複視0.5の眼鏡
購入したお店で掛けたときは、まだ無理かな
と思ったけど、1時間後には、慣れてきました。
目というか、脳の順応力、もっと早くやればよかった。


複視回復への最終ステージ

最近は、たまに土日も仕事です。
今日は、静岡の工場から機械の出荷で朝から立会。
久しぶりに会う取引先の人や他の営業所の人たち
みんなに痩せたといわれます。
15キロ以上変わったので驚いているみたい。
病気で痩せたわけではないので
生活改善の成果だと思います。
といっても、病院で10キロ近く痩せたので
自分の努力ではないけどね。


複視4の眼鏡から1年かけて2まで
半年かけて1に
最終0.5の眼鏡に入れ替えました。
これで半年過ごして
来年の春には、複視なしの眼鏡に変えます。
眼科の先生は、0.5もしも変わらないから
と言いますが、無しで車の運転は怖すぎます。




マニュアル ミッション

久しぶりにマニュアル ミッションの車に乗りました。
イメージしては上のような高原や山坂道
気持ちよくシフトアップしてゆく。
そんな感じでしょうかね。
現実は、こんな感じです。

軽トラにごみを満載して
処理場まで、しかも息子にシフトを入れてもらいながら。
息子はオートマ限定。
親父は、庭にごみを放置したまま入院。


マヒと闘いながら、ごみを軽トラに満載して
処理場まで、何度も往復。あと一日で終わりそうです。