脳卒中患者の闘病日記 

2017年2月に脳出血により左半身マヒになる。
飽きぽい性格ですが、時間はたっぷりあるので
闘病日記をつけたいと思います。
少しでも役に立てば幸いです。

けいしゅくにダマされるとこだった

昨年の10月末から左足の爪が取れかかり
12月にとれた。
このころから、歩行距離が、短くなり
11月は80キロ
12月は42キロ
1月はいまのところ40キロ


これと同じく左足のくるぶしが痛み始めた。
12月は、ロキソニンテープ
1月は、かぶれてきたので軟膏を塗っている。


これはまさに、肩が痛み始めた時と一緒
たまたま、爪がはがれて
ダマされそうになったが
けいしゅくにより運動不足が
痛み起こしていることに


肩は、運動不足が凍結肩を
引き起こして、寝れない痛みになった。


足も、同じように
運動不足が、けいしゅくの
悪化を招くと思う。


1月中は、毎日の散歩
出来れば5キロを目標に
痛みにこらえて
続ければ、光が見えてくると思う。


街には、まだ雪が残っているが
雪で思い出すのが
新潟の残雪
今年も行きたいな




装具が無いとうまく歩けないのかな

意外と雪の量は
たいしたことないけど
首都圏は、雪に弱い
スタッドレスタイヤを履いていない
車は、取り締まればいいのに
違法ですと書いてあっても
取り締まる気がない。
結局、履いていない車のせいで
通行止めになる。
一般道が、大渋滞のお決まりコース


以前書いた訪問リハの方から借りた
装具を付けると歩きが楽になる。



長く歩いても
くるぶしが痛くならない。
けいしゅくで足が多少
曲がってしまうようだ。
まっすぐ踏み下ろしてないみたい。


マジックテープの縛り方次第の
運任せもあるので
毎回安定して縛れる
装具をお願いすることにした。
どんな感じか
また報告しますね。






4年ぶりの関東に大雪。



4年前の大雪の日
天気予報は、ひどくなるとは言ってなかったので
妻と「オオマシコと雪」
でも撮りに行くかと
早朝、山梨に向かいました。
現地についても
あまりの大雪
早々に、帰り支度
昼前には、中央道も通行止め
帰り着いたのが、夜中でした。


そんなことを思い出しながら


身体障害者手帳の交付があったので
取りに行きました。


手帳は、人混みの駐車場など
扉が多く開けれないと
車から出られません。
だからといって
手帳もない人が、障害者用スペースに
留めて揉めてもやなので申請しました。



手帳は、一度交付されると
本人が取り下げない限り
一生有効だそうです。


奇跡の脳の作者のように
5年で、普通に歩けで取り下げれるよう
になろうと
改めて思いました。










今日も二人で散歩

下の子は、ボーイスカウトがあったので
朝からお出かけ



出がけに、今日も散歩に行くから
と言われたので
午後帰宅を待ってから
二人して散歩に



と言っても、子供は自転車


携帯のカメラを撮りながらの
白黒ほうが雰囲気が出るなどといってます。



妻がいたら
もっと、リハビリがんばれたかな
なんて思っていると



二人の影が写っているとパチリ


君の為にも頑張らないといけないね。



若いコーチと歩行訓練

いい天気で
暖かくて
散歩にはちょうどいい
今日は、若いコーチも同行すると



たまに二人で行くと
余分に歩く



川原の探索もね


来週から
神奈川も雪のようだ
ついでに
スタッドレスタイヤに履き替えも
出来ない部分の
ジャキアップや脱着は息子に頼み


終わったら
久しぶりの外食



たまにだからいいよね
ごちそうさま