脳卒中患者の闘病日記 

2017年2月に脳出血により左半身マヒになる。
飽きぽい性格ですが、時間はたっぷりあるので
闘病日記をつけたいと思います。
少しでも役に立てば幸いです。

退院後の半年間何してた?

50年以上生きてきて
1年近く、学校や会社を休んだことはなかった。
まして、何か月も入院するなんて
想像もしていなかった。
発病前は、いいなぁ、一度くらいに入院してみたい。
と漠然と思っていた。
いざ入院すると、病気の心配、退院後の生活の心配
お金の心配、家族の心配とおちおち入院生活をしているわけにもいかず
そそくさと、退院した。
退院すれば、すぐに会社復帰して、働けると思ったが
とんでもない。
複視の為、まともに物は見えないし、歩けないし
手も使えない。
肩も痛くて、夜も寝れない。
できることは、ぶん回し歩行で、歩くだけ。


河原の風景を
どれだけ見たか。
来る日も来る日もこの風景を見ながら
動かない左足を、引きずりながら歩いてました。


この時、訪問リハビリを受けるよう
後輩から勧められ、別の後輩から
今の訪問リハビリテーションを紹介してもらいました。
その作業療法士さんのおかげで、肩の痛みも取れ
少しづつではありますが、良くなってきました。
こうやって、半年を振り返ると、何もできなかった半年ですが
大切な半年でもあります。
病気にならないと、病気の人の苦しみはわかりません。
この年になって、やっとわかった気がします。
今更遅いと言われそうですが。


脳卒中は、治るのに時間がかかります。
1ヵ月いや1年、それ以上2年.3年
もしかしたら治らないかもしれない。


針、お灸、整体、電気治療いろいろやりました。
治療に近道はありません。
たくさん寝て、たくさん体を動かして
脳と神経回路の修復を待ってください。
わかったことを言うなと言われそうですが
そう信じて続けています。


中腰で歩けるし、脚立もすごい時間かかるけど
登れるし。


退院後の半年間、何もできなかったけど
密度の濃い半年でした。









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。