脳卒中患者の闘病日記 

2017年2月に脳出血により左半身マヒになる。
飽きぽい性格ですが、時間はたっぷりあるので
闘病日記をつけたいと思います。
少しでも役に立てば幸いです。

日常の訓練

桜のことばっかりで
肝心の脳卒中患者のリハビリや
日常の訓練何してるのと聞かれたので
ここで、改めて記載しておきます。
左足の片足立ちができないので
下のようなクッションの上に
左足を載せて
右手は、倒れないように
体重を支えます。



もともと、足の平たい部分全体で
体重を支えるのではなく
つま先が、硬直して
平らにならないのもいけないみたいですね。


隣の足踏みする器具は
あまり使ってません。
普通に、足踏みをしたほうが
いいみたいです。
足元を見ていないと
内また歩きのような
不思議な足踏みになります。


右側の足も手もゴムで縛られたように
動きが拘束されて
足の付け根と肩が
同じように
ある程度の量を動かすと
痛くなる
連動したように
稼働域の制限があります。
これは、患者だけが分かる
不思議な現象です。


足が緊張すると
手も緊張して
動きが悪くなります。


これは、良くなるのか
治るのか
すごく不安です。
でも、少しづづ良くなっている
実感はあります。
でも、あまりにも遅いよね。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。