脳卒中患者の闘病日記 

2017年2月に脳出血により左半身マヒになる。
飽きぽい性格ですが、時間はたっぷりあるので
闘病日記をつけたいと思います。
少しでも役に立てば幸いです。

リリカカプセル増量中

今日すごく眠いです。
仕事が3日も続くと
睡眠不足になるのか
すごく眠いです。
本社の役員パトロールも有って
疲れたのか
昼休みは、ガッツリ寝てました。



リリカ夜2錠飲んでいましたが
水曜から朝1錠追加しました。
手のしびれに対応して
しばらく飲んでみよう
となりました。
半年くらいは
様子を見るようでしょうね。
明日は、機械の出荷があるので積み込み
立ち合いです。
早く寝ます。
庭の河津桜は3分咲きです。
早く春にならないかな


ノイズまみれの音を聞く

左指のしびれは、神経の異常電流により
引き起こされていますが、
まさにこれは、壊れたヘッドホンで
音楽を聴いているみたいです。
雑音ばかりで、音楽が聞こえてきません。
ヘッドホンなどは
ノイズキャンセラーを使えば雑音を消せます。


音は音波。
ここはシンプルな波形のうねりをイメージしてもらおう。
この音波に対して、
形がそのまま正反対の音波(逆位相という)をぶつける。
すると、2つの音波は打ち消しあって消滅する。
プラス1とマイナス1を足すとゼロになるようなもの。
神経の異常電流にも逆位相をぶつけられないか?


暑いお風呂に入ると
左手の指は、しびれがじんじん
3割増しでしびれます。
ところが、お風呂を出て
くつろいでいると
しびれが1割くらい減った気がします。
こういったことが、効き目があるのか
温泉は、湯治場になったりします。


同じことが、低周波治療器でも
感じられます。



最近やってなかったので
また続けてみます。
特効薬ってないのかな


病院からの卒業

今日は、脳卒中の回復期リハビリで入院していた
伊勢原協同病院に毎月の通院に行ってきた。


心なしか、リハビリの患者が少ないように
感じる。
待ってる間に言語聴覚士の担当に合う。
普通の人に見えたから、見違えたといわれる。
おせいじでもうれしいね。
主治医の先生は4月に代わるらしい。
しかも、もう問題なければ通院終了。


婦長に見送られて、診察室から出る。
出てからひと言、「今日で卒業よ」
思わず、ぐっときてしまい、
気の利いた話も出来ず
「ありがとう」の一言で別れてしまった。


重症な患者やわがままな患者
そんな中で、一生懸命働く
看護師さんには感謝の気持ちしかない。


脳卒中患者の左半身マヒてなに?

脳卒中患者の左半身マヒてなに?
そう思っている人や
何となくわかっているけど
悪くて聞けない人もいるかと思い
ここで、説明するね。


マヒと言うよりしびれと言ったほうが分かりやすい。
法事で慣れない正座をしたら、脚がしびれてまいった。
そんな経験、誰にも身に覚えがあるものでしょう。
では、日本人にはとても身近な正座のしびれの原因を
ご存知でしょうか?
 実は正座のしびれには末梢神経が大きく関係しています。
正座した時の脚の状態を考えてみましょう。
まず、ヒザ下の部位で血管が圧迫され血液の流れが悪くなります。
これにより、末梢神経に必要な酸素が不足します。
さらに、皮膚に近い末梢神経は、
体の重みによって直接圧迫を受けてしまいます。
こんな状態を続けていると、
知覚を伝える末梢神経の機能が低下し、
そこに異常電流が流れ始めます。
そう、この電流こそがしびれの原因だったのです。
つまり、ジ~ン、ビリビリは脚の末梢神経が
異常を知らせる生体の防御反応というわけです。
この状態を続けていると「運動を命じる神経」も機能が低下し、
しびれ・痛みを伝える末梢神経が機能を停止して
無感覚の状態になってしまいます。
これが左半身全部が、異常電流が流れ
指先の感覚も無くなりしびれて
足もまともに振ることができなくなり
歩けなくなります。


長くなりましたが
こんな感じです。



リハビリの後
いつもの散歩
歩きやすいかもと
靴も変えてみました。




登山靴みたいな感じの靴で
なれるといいですね。


毎日サントラ聞いてます。
気持ちも落ち着くし
やる気も出ます。



O Grande Showman | \"Never Enough\" Lyric Video [HD] | 20th Century FOX Portugal


*ナボリン倶楽部の記事参照





心配しなくても春はすぐそこ

心配してた雪は
大丈夫みたいです。


心配しなくても
少しづつ春は近づいて
いるみたいですね。


庭の桜は、開花しました。



3日もすれば
満開です。


休み時間に
読んでる本に
スニーカーではなく
革靴のほうが
歩きやすいと
整形外科や療法士の先生は
スニーカーを進めていたが
何事も鵜呑みにしないが
合言葉
一度やってみましょう。