脳卒中患者の闘病日記 

2017年2月に脳出血により左半身マヒになる。
飽きぽい性格ですが、時間はたっぷりあるので
闘病日記をつけたいと思います。
少しでも役に立てば幸いです。

骨髄バンクもとしっかりして

僕が骨髄バンクにドナー登録登録したのは
妻が、妊娠した時、特発性血小板減少性紫斑病になり
将来白血病になるかもしれないと言われたので
白血病で助けを待つ人がいたら、力になれればと思い
登録しました。
25年以上登録していましたが、マッチングする人はなく
55歳で期限となりました。
ところが、同じように息子が登録していて、合う人がいたので
至急書類を書いてくださいと連絡があり
書いて出しました。
ところが、息子は、妻の発病の時、骨髄を使ったので
もう使えないと後から言い出しました。
確かに、母親の命を救うために登録して、ドナーとなり
一度は助けました。しかし、その後拒絶反応により
妻は亡くなりました。
一度、ドナーとなった人は安全の為、再度ドナーとなれないと
わかっているのに、骨髄バンクは登録しておいて
マッチした人は、どんな思いで待っていたか
一度、合う人が見つかったと天国気分になり
すでに使っていたので再度使えないと地獄に
突き落とされる気分だったでしょう。


もう一度、使えるように
働きかけていると話していたらしいが
そんなことより、今すぐ使用済みの
ドナーを検索しないシステムにしてくれ。
待っている人のことを何も考えていない
親方日の丸の会社に命を預けるシステムを
変えてほしい。
白血病の本人、家族はお金を払っても
骨髄が欲しいと思っている。
臓器売買と言われるかもしれないが
きちんと再生するものなのに
なんで。
もっと言えば、ドナー登録を
義務化すれば、ほとんどの
患者は救えるのに
残念です。


今日は、左足のくるぶしが痛くて
念のため、散歩は休み
布団干したり、古いソファーを
かた付けました。


妻の仏壇の前に
イチョウの葉が
おいてありました。
昨日下の子が、持ってた葉っぱです。
お花の代わりみたいですね。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。