脳卒中患者の闘病日記 

2017年2月に脳出血により左半身マヒになる。
飽きぽい性格ですが、時間はたっぷりあるので
闘病日記をつけたいと思います。
少しでも役に立てば幸いです。

脳卒中のアクセルとブレーキ

このブログも書き始めて
1年たちました。
ちらほらと、同じような書き込みを見ると
何となく、同級生みたいで
おめでとうとつぶやいています。


今日は、浜松まで車の運転。
新しい複視の眼鏡。今の半分プリズム。
すべてが、ダブって見えます。
少し怖いけど、慣れるまでの問題。
3車線の左側をトラックより遅い速度で走り始めました。
しばらくして慣れ始めたころ、
ラジオの放送で、アクセルとブレーキを
同時に踏むとブレーキが優先して動けなくなる
みたいな放送があった。


脳卒中患者の足や手が動かないのは
まさにこれだと思いました。
手を上げようとしても
同時に下げようとする指令も
勝手脳がしてしまう。
だから、手は上げられるが
重く弱弱しい。
足も歩こうと上げれるが
同時に下げようと指令を出されるから
重くやっとやっと歩くことになる。
アクセルを踏むと同時に
弱くブレーキも踏まれるので
動くが、弱くゆっくりしか動かない。


ところが、リハビリの先生が何回か
動かすと、アクセルとブレーキで硬くなった筋肉が
あっという間に、柔らかくなり、自分で動かしても
しばらく柔らかい。
脳が、足や手の動かし方を忘れて
混乱して、アクセルとブレーキを踏んでしまうようだ。
僕の代わりに手足を動かして、忘れてしまった
動かし方を教えてほしいと思いました。


浜松は、こんな体には近くて遠い。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。